かくめいの中より

(株)アーク情報システムの革命シリーズを販売する部門の中より雑多な未保障の情報をお伝えします。

ただいま、奮闘中...

BOOT革命/USB Ver.6でWindows10 TPを外付けUSBにインストール

Y@中の人です。

BOOT革命/USB 5.0.4で一度行っていますが、BOOT革命/USB Ver.6が出来ましたので、もう一度外付けUSBにWindows10 TPをインストールしてみます。

機材は、今回もCopyDriveの速度を計っていたマシンと同じです。

HDD SLIPPER(USB3.0)にCrucial m4 SSD 128GBをセットしエクスターナルインストールを行います。

SSDは、MBRの1パーティション、NTFSでフォーマットしてあります。

まずは、Windows10 TP(64bit版)のメディアをPCのドライブに挿入。

Arkランチャーを起動します。


f:id:ky-ark:20150224191714p:plain

「エクスターナルインストール」を起動。

f:id:ky-ark:20150224191708p:plain

参照ボタンよりWindows10 TPのインストールメディアが入っているドライブ(ここではH:¥)を選択。

OS名の所が、V5ではVistaになっていましたが、V6ではWindows 10になっていますね。問題無いので「次へ」。

f:id:ky-ark:20150224191726p:plain

注意書きが出てますが、「OK」ボタンを押して先に進みます。 

f:id:ky-ark:20150224191729p:plain

今回もProを選択して「次へ」。

f:id:ky-ark:20150224191735p:plain

インストール先のドライブを選んで「開始」。

後は、BOOT革命USBがいろいろやっているのを待っていると...。

f:id:ky-ark:20150224191737p:plain

前半戦は無事終了しました。「完了」押してアプリケーションを終了。

次は、USBから起動してインストールの続きを行うのですが、その前に、前回の失敗を繰り返さないため、一度PCをシャットダウンし、USB3コネクタについていたUSBディスクをUSB2に付け替え、BIOS/UEFI設定画面でUEFI BOOTをOFFに。

あ、それからBIOS/UEFI設定画面で外付けディスクの起動優先順位が一番高くなってない場合は、一番高くなるように変更してくださいね。

そしてPCの電源を入れると、インストールの後半が行われて...

f:id:ky-ark:20150224191740p:plain

ジャジャーン。

無事起動しました

しかも今回は、V5の時のようにアクセス権をいろいろ変えなくともスタートメニューが開いています!

 めでたし、めでたし。

 

f:id:ky-ark:20150406200132j:plain