読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくめいの中より

(株)アーク情報システムの革命シリーズを販売する部門の中より雑多な未保障の情報をお伝えします。

ただいま、奮闘中...

営業の持ち出しノートパソコンで作業履歴を残さないようにしたい(事例)

Y@中人です。
今日は、HD革命/WinProtectorの事例です。

 

お話をお伺いしたその会社さんでは、

営業さんが社外に持ち歩くノートパソコンで

重要なデータを扱うらしいのですが、

ノートパソコンの紛失、情報漏洩を考えると

ソフトを利用する時に勝手に作られる一時ファイルも含めて、

履歴&データをパソコンに残したくないという事でした。

扱うデータの量は何ギガもなく&システムドライブ以外に

ユーザーが利用できる領域は無いということでしたので、

私達の提案は、システムドライブをWinProtectorで保護して

さらに、WinProtectorの一時ファイルをメモリ(RAM)に置く

という運用でした。

WinProtectorでシステムドライブを保護すれば、

システムドライブへの書き込みは全て

WinProtectorの一時ファイルに行われます。

この時に一時ファイルがメモリ(RAM)にあれば、

電源を切ることにより、きれいさっぱり、

書き込まれたデータは完全に消え、復旧手段はありません。

 

ということで、原理的にRAMだったら、

履歴やデータが残る心配が無いことをご理解いただき、

運用して頂きました。

 では、また。

f:id:ky-ark:20150406201114j:plain