読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくめいの中より

(株)アーク情報システムの革命シリーズを販売する部門の中より雑多な未保障の情報をお伝えします。

ただいま、奮闘中...

情報漏洩対策、ハードディスクを金庫から出し入れする運用(事例)

Y@中人です。

今回も事例なんですが、同じような情報漏洩防止課題に対しある会社さんはHD革命/WinProtector、別の会社さんはBOOT革命/USBを利用した例です。

 

その1(HD革命/WinProtector

金融系の会社Aさんは、Cドライブしかない構成のパソコン(鍵で机と固定)に業務アプリケーションとWinProtectorを入れてCドライブを保護。

Cドライブの書き込みは、パソコンを再起動したら破棄するように設定。

業務上残しておく必要があるデーターは、外付けのUSBハードディスクに入れる。

この外付けのUSBハードディスクは、朝出社したら鍵がかかる場所(金庫)から出してきて、業務終了時は鍵がかかる場所へもどすという運用だそうです。

 

その2(BOOT革命/USB

金融系の会社Bさんは、内蔵HDDを取り外したパソコン(鍵で机と固定)とUSBハードディスクに業務アプリケーションを入れた環境を用意、各自に配布。

朝出社したら鍵がかかる場所から出してきて、業務終了時は鍵がかかる場所へもどすという運用。

あらかじめパソコン内蔵のハードディスクは取り外しておくことで、データがパソコンの中に残るのを防止するということでした。

 

お使いになるところの事情によって同じような課題でもやり方が変わるという例でした。

では、また。

 

f:id:ky-ark:20150406201114j:plainf:id:ky-ark:20150406200132j:plain