読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくめいの中より

(株)アーク情報システムの革命シリーズを販売する部門の中より雑多な未保障の情報をお伝えします。

ただいま、奮闘中...

DSP版 Windows 10 (Build 10240)をBOOT革命/USB 6.0.1を使って外付けにインストール

実験室

おはこんばんちは、Y@中人です。f:id:ky-ark:20150420155223p:plain

 

DSP版Windows 10 Home 64bitを入手できましたので、BOOT革命/USB 6.0.1のエクスターナルインストールを使ってWindows 10 (10240)を外付けにインストールしてみたいと思います。

今回も以前と同じPCでHDD SLIPPER(USB3.0)にSSD(CFD CSSD-SM32WJ2)を入れて試しました。

以前と同じ手順で

1. 内蔵のハードディスクのWindows8.1にインストールしたBOOT革命/USBの6.0.1からエクスターナルインストールを実行。

再起動のタイミングで

2. UEFIを切る

3. USBのコネクタをUSB3からUSB2に切り替える。

とやるとWindows10のインストールの続きが行われ、特に問題も無くBuild 10240が起動できました。

f:id:ky-ark:20150807163649p:plain


ちょっと見にくいですが、ディスク0が内蔵ハードディスクのWindows8.1が入っている環境で、ディスク1が外付けで今回インストールしたWindows10になっています。

 

前回やったように、一度シャットダウンしてUSB3のコネクタに付け替え、起動も出来ました。


それでは、また。

f:id:ky-ark:20150406200132j:plain