読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくめいの中より

(株)アーク情報システムの革命シリーズを販売する部門の中より雑多な未保障の情報をお伝えします。

ただいま、奮闘中...

Windows 7パソコンをWindows 10にアップグレードしてWindows 7に戻す

おはこんばんちは、Y@中人です。f:id:ky-ark:20150420155223p:plain

今日は、手近にあるWindows7パソコン(HP e9360jp)をHD革命/Backup Next Ver.2でバックアップした後、Windows10にアップグレードして、Windows7に戻すのをやってみたいと思います。

まずは、Windows7の状態です。Backup Next 2.0.1が入っています。

f:id:ky-ark:20150828135501p:plain

ディスクの管理を見るとこんな感じ。

f:id:ky-ark:20150827183510p:plain

J:は、バックアップ先として用意した外付けUSBドライブです。

まずは、現在の状態をバックアップする為にBackup Nextを起動します。

f:id:ky-ark:20150827183749p:plain

ツールバーの「バックアップ」ボタンを押します。

f:id:ky-ark:20150827184025p:plain

今回は、Windows10がインストール時にディスク構成や何やらいじっても簡単に戻せるように、ディスク全体をセクターイメージでバックアップしたいと思いますので、「セクターイメージを作成する」チェックボックスにチェックを入れます。

「次へ」ボタンを押して先に進みます。

f:id:ky-ark:20150827184526p:plain

バックアップ先は、外付けドライブのJ: に「HPW7」というフォルダーを作って入れたいと思います。

 J:を選択して「新しいフォルダー」ボタンでフォルダーを作ったら、HPW7という名前に変えて選択し、「次へ」ボタンで先に進みます。

後はオプションを特に変更せず、「次へ」、「次へ」と進むとバックアップが開始されます。

f:id:ky-ark:20150827185142p:plain

100%になって終了したら、「閉じる」ボタンで画面を消せばバックアップは終わりです。

ここで、万が一Windows10がインストールに失敗して起動してこなかった時の為に、Windows PE起動ディスクを作っておきます(Backup Nextをインストールした後には作っておくことをお勧めします)。

Backup Next起動画面のメニューの「ツール」を開き「Windows PE 起動用ディスクの作成」を選択します。

f:id:ky-ark:20150827185655p:plain

 

f:id:ky-ark:20150827185823p:plain

CD-Rメディアをライティング可能なCD/DVD±Rドライブに入れて、ドライブを選択し、「開始」ボタンを押します。

ちなみに、USBメモリをWindows PE起動ディスクにする場合は、USBメモリをPCに挿して「起動ディスク作成先ドライブ」でUSBメモリ(のドライブ)を選択してください。

f:id:ky-ark:20150827190049p:plain

ダウンロードが始まって、しばらく放っておくと・・・

f:id:ky-ark:20150827190142p:plain

 と書き込みが終了しますので、これでWindows PE起動用ディスクの作成が完了しました。

いざっていう時にPEから起動できないと困るため、作ったWindows PE起動用ディスクで実際にパソコンが起動できることを確認しておいてください。

 それから、Backup NextをWindow10へのアップグレード後に利用するには再インストールをお願いしていますので、とりあえず、Backup Nextをコントロールパネルからアンインストールしておきます。

 

さて、それでは、Windows10にアップグレードです。

f:id:ky-ark:20150827193901p:plain

今回は、デスクトップ右下のWindowアイコンをクリックしてWindows10アップグレード予約した後、スタートメニューのWindowsUpdateをクリックし、「更新プログラムの確認」をおこなったら、以下の画面になりました。

f:id:ky-ark:20150827193824p:plain

「はじめに」ボタンを押して、放っておくとWindows10がインストールされ、いくつか質問(設定)に答えると無事Windows10のデスクトップが見れました。 

f:id:ky-ark:20150827192601p:plain

 ディスクの管理は、こんな感じです。

f:id:ky-ark:20150827192938p:plain

 今回は、特にパーティション構成が変わりはしなかったようですね。

環境によっては、最初はC:の後ろに回復パーティションが無かったのに、アップグレードしたら作られていたということもあります。

 

さて、それでは、Windows 7に戻すのですが、Backup NextをインストールしてWindow10から戻しても良いのですが、せっかくWindows PE起動ディスクを作ったのでWindows PE起動ディスクから戻したいと思います。

 

Windows PE起動用ディスクをCD/DVDドライブに入れて再起動するとメッセージが表示されるので、何かキーを押してPEの起動を開始します。 

Arkランチャーが開いた状態で起動してくるので、後は、基本的にOS上からの復元と同じです。

f:id:ky-ark:20150828132254j:plain

Backup Nextを起動し、

f:id:ky-ark:20150828133040j:plain

 復元ボタンを押します。

f:id:ky-ark:20150828171014j:plain

「バックアップファイルを直接選択」を選んで「参照」ボタンよりバックアップしておいたファイルを探します。

f:id:ky-ark:20150828140921j:plain

PEから起動しているのでドライブ名が変わっていますね(この環境では、J:→D:に)。

バックアップファイルを見つけたら、そのファイルを選択し、「開く」ボタンを押します。

f:id:ky-ark:20150828133153j:plain

ここで、もし復元したくないドライブがあれば、チェックを外しておいてください。

「次へ」ボタンを押します。

f:id:ky-ark:20150828141257j:plain

復元先は、元のディスクなので、「元のドライブへ復元する」を選択し、「次へ」ボタンを押します。

f:id:ky-ark:20150828133444j:plain

バックアップした時と何か違いがあると確認画面が出ますので、確認して問題なければ「はい」を選択します。

今回は、バックアップ時はWindows 7上で、復元時がPE上の為、ドライブレター違っていて、確認画面が出てきただけなので「はい」を選択します。 

f:id:ky-ark:20150828134421j:plain

後は、「開始」ボタンを押して

f:id:ky-ark:20150828134702j:plain

最後の確認も「はい」を押して復元開始です。 

f:id:ky-ark:20150828134755j:plain

しばらく放っておくと・・・

f:id:ky-ark:20150828134838j:plain

 復元が完了したら、「閉じる」ボタンを押して、

Backup Nextを終了し、

f:id:ky-ark:20150828141521j:plain

Arkランチャーを終了し、

f:id:ky-ark:20150828141557j:plain

再起動します。

f:id:ky-ark:20150828141615j:plain

 Windows 7に戻ってこられました。

f:id:ky-ark:20150828135631p:plain

 

今回はこの辺で。

 

f:id:ky-ark:20150619195647j:plain