かくめいの中より

(株)アーク情報システムの革命シリーズを販売する部門の中より雑多な未保障の情報をお伝えします。

ただいま、奮闘中...

USBメモリ版 Windows 10 をBOOT革命/USB 6.0.1を使って外付けにインストール

おはこんばんちは、Y@中人です。f:id:ky-ark:20150420155223p:plain

今日は、USBメモリ版 Windows 10 Homeが手に入りましたので、この中のWindows10をBOOT革命/USB 6.0.1を使って外付けUSB SSDにエクスターナルインストールします。

機材は、以前おこなったのと同じものです。

Windows10って通常版は、メディアとしては、DVDではなくUSBメモリでの販売になってしまったんですよね(DSP版はDVDですが)。

でパッケージの中はこんな感じです。

f:id:ky-ark:20151016151812j:plain

中身としては、Windows10の32/64bit、Home/Proが入っていて購入したパッケージに入っているシリアルキーによって入れるものが変わるというものです。

 

それでは、Windows10の入ったUSBメモリをPCに挿して、Arkランチャーを起動します。

f:id:ky-ark:20151016152439p:plain

エクスターナルインストールを選びます。

f:id:ky-ark:20151016152605p:plain

参照ボタンを押します。

f:id:ky-ark:20151016153233p:plain

Windows10が入ったUSBメモリに付けられているドライブ(ここではL:)を選択し、さらに入れたいOSが入っているフォルダを選択してOKボタンを押します。

x64が64bitで、x86が32bitです。

今回は、x64を選択します。

f:id:ky-ark:20151016153442p:plain

ちゃんとWindows10と認識していますね。 

次へボタンを押して先に進みます。f:id:ky-ark:20151016153527p:plain

Homeを購入しているのでHomeを選択し、次へボタンを押します。

f:id:ky-ark:20151016153650p:plain

後は、インストール先の外付けUSB3.0 SSDドライブ(ここではE:)を選択して開始ボタンを押すといつものようにインストールが開始します。

BOOT革命/USBでのコピーが終わった再起動のタイミングでUEFIを切って、ドライブをUSB3からUSB2に差し替えてからPCを起動すると、インストールの続きが行われ無事外付けからWindows10が起動しました。

f:id:ky-ark:20151016154259p:plain

今回はここまで。

それでは、また・・・と書いていたらWindows10のパケ裏の一言が目に留まりました。

f:id:ky-ark:20151016151911j:plain

それでは、本当にまた。

 

f:id:ky-ark:20150406200132j:plain