読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくめいの中より

(株)アーク情報システムの革命シリーズを販売する部門の中より雑多な未保障の情報をお伝えします。

ただいま、奮闘中...

HD革命/FileRecovery ver.4 その2 セクタスキャンのファイル名

おはこんばんちは、Y@中人です。f:id:ky-ark:20151201181522p:plain

それでは、前回に引き続き、 HD革命/FileRecovery ver.4の操作性の話です。

 

それでは、二つ目~。

 

セクタスキャンのファイル名

前回のセクタスキャンの説明でも少し書きましたが、ファイルシステムスキャンの時は、ファイルシステムを見つけて、そこにあるファイル名、ファイルサイズ等の情報を元に復元を行うので、比較的高い確率で正しいファイル名があるのですが(見つかったファイルシステムの状態により、ファイル名がおかしかったり、データが正しくなかったり、ファイルが見つからなかったりすることはあります)、セクタスキャンの時にはファイルシステムに頼っていないのでファイル名が分かりません。

ですので、V3の結果を見ると

f:id:ky-ark:20160318210759p:plain

ってな感じで数字と拡張子しかわかりません。

これは、仕組み上ファイル名がわからないので、HD革命/FileRecoveryが勝手に付けた番号と、このデータはこの拡張子だと判断した情報で名前をつけているからです。

 

で、V4では、全部ではないのですが、

f:id:ky-ark:20160318210806p:plain

とファイルの中にある情報(日付とかファイル名としてついていたと思われる情報など)を元に、ファイル名を付けて結果の一覧に表示しています。

(もちろん対応できていないものは数字ですが・・・)少しは、ましになっているかと思います。

 

今日は、この辺で。

 

f:id:ky-ark:20160318200129j:plain