かくめいの中より

(株)アーク情報システムの革命シリーズを販売する部門の中より雑多な未保障の情報をお伝えします。

ただいま、奮闘中...

サクサクっとハードディスク交換したい方は「HD革命/CopyDrive Ver.6」で決まり!

lum-arkです。こんにちわ~(´▽`)ノ

最近、雨ばかりで少し沈みがちなlum-arkです。

 本日はハードディスクの交換や予備のハードディスクを作成する際に

とっても役に立つソフト「HD革命/CopyDrive Ver.6」についてご紹介!

こちらのソフトですが、ハードディスクを自分で交換できるよ~♪♪というお客様に

大変ご好評を頂いているソフトです。

lum-arkが初めてハードディスク交換にチャレンジした時はできるかどうかドキドキしましたね。今や抵抗なくサクサクハードディスク交換できるようになって嬉しい限りでございます。

通常の操作画面は下記のような手順になります。

下記例となります。ご参考にどうぞ!

 ◆ARKランチャーを起動します。赤枠のハードディスクのコピーをクリックします。

f:id:lum-ark:20160829163058j:plain

◆コピー元ハードディスクをチェックし、右側にコピー先ハードディスクが表示されたらチェックします。チェックを入れたら下の次へのボタンをクリックします。

f:id:lum-ark:20160829163107j:plain

◆コピー元はGPTディスクなので、赤枠のコピー元ハードディスクと同じパーティションタイプでコピーするにチェックします。

f:id:lum-ark:20160829163111j:plain

◆このパソコンは自作パソコンです。

コピー元は56GBのSSDです。

コピー先は3TBのハードディスクです。

コピー先の方が大きいので、コピー先ハードディスクの後方は空き領域になっています。

このまま進んじゃうと拡大コピーされませんのでご注意くださいね。

f:id:lum-ark:20160829163115j:plain

◆コピー先にサイズにあわせるにチェックをいれるとコピー先が拡大されます。

拡大されていますね~(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

また「位置・サイズを変更」で任意の調整も可能です。ここ重要です。

次へのボタンをクリックします。

f:id:lum-ark:20160829163121j:plain

◆開始ボタンをクリックします。

f:id:lum-ark:20160829163126j:plain

◆コピー実行中の画面です。↓こんな感じでコピーが進みます。

f:id:lum-ark:20160829163153j:plain

◆コピーが終了したら、下記のメッセージが表示されます。

上記の画面で「コピー終了後にシャットダウン」にチェックを入れた場合は下記は

表示されず、シャットダウンされます。

f:id:lum-ark:20160829163158j:plain

 

再起動した後に、一度コピー元のOSから起動頂きその後、通常の手順でパソコンをシャットダウンして頂いてから、コピー元ハードディスクを取り外しコピーしたハードと入れ替えてコピー先から起動するかご確認ください。

 

詳細はこちらのページにてご確認ください。

HD革命/CopyDrive Ver.6 | 株式会社アーク情報システム

 

ではまた!